建築物

開放特許情報番号
L2017002416
開放特許情報登録日
2018/1/8
最新更新日
2018/9/20

基本情報

出願番号 特願2017-001493
出願日 2017/1/9
出願人 株式会社ブイオーシーダイレクト
公開番号 特開2018-111939
公開日 2018/7/19
登録番号 特許第6209806号
特許権者 株式会社ブイオーシーダイレクト
発明の名称 建築物
技術分野 土木・建築
機能 加熱・冷却
適用製品 建築物 住宅 工場 倉庫
目的 エネルギーを使わずに室温を外気温より下げる。
特殊な装置や素材を使わないため初期投資とランニングコストが不要。
効果 ミニチュアでの実験では夏の夜間室温は外気温より5℃下がりました。
実際の建物になると断熱性能や熱線反射性能が影響してくるのでデザインにより性能は変化します。
技術概要
 
単に北側のガラスを赤外線透過ガラスに変更しただけでは地面や近隣の建物からの赤外線を受け室温は上昇してしまいます。そこで、近隣からの赤外線を受けにくく室内から直接青空に向かって赤外線を放射しやすいように指向性を持たせる技術です。
実施実績 【試作】  ミニチュアでの実験完了。2018年夏と秋に実際の住宅を金沢市内ににて建築予定。モデルハウスとして使用します。
許諾実績 【有】  通常実施権1社あり。PCT出願済みであり東南アジアでの実施許諾先も募集中です。サブライセンスも可能。
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 現在木造建築として通常実施権1社あり。
条件は特になく話し合いにより決定したい。
可能であれば住宅の量産メーカー希望。
対価条件(一時金) 【要】 
対価条件(ランニング) 【要】 

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT