日射量推定装置、太陽光発電量推定装置及びシステム

開放特許情報番号
L2017002387
開放特許情報登録日
2017/12/22
最新更新日
2017/12/22

基本情報

出願番号 特願2010-027863
出願日 2010/2/10
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2011-163973
公開日 2011/8/25
登録番号 特許第5571970号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 日射量推定装置、太陽光発電量推定装置及びシステム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 太陽光発電設備の発電量を推定する装置及びシステム、日射量を推定する装置
目的 太陽光発電設備の設置を検討している消費者に対し、その設置によって見込まれる予測発電量を、地理的要因を考慮した値として提示することを可能にする装置或いはシステムを提供する。
多数の地点において、長時間にわたる日射量の測定を必要とすることなく利用可能な装置或いはシステムを提供する。
効果 推定したい箇所における日射量の測定を行うことなく、日時並びに地理的な影響を反映した形で日射量の推定処理を行うことができる。また、この推定結果に基づき、当該箇所に太陽光発電設備を設置した場合に見込まれる発電量につき、日時並びに地理的な影響を反映した形で推定することができる。
技術概要
特定区域の特定時間帯における水平面直達日射量と水平面散乱日射量を、コンピュータの演算処理によって推定する日射量推定装置であって、
複数の設置済消費者が設置する太陽光発電設備である既設太陽光発電設備による過去の発電量に関する発電量情報を、各前記設置済消費者別且つ単位時間帯別に記録する発電量記憶部と、
前記既設太陽光発電設備に関するパネル情報及び設置箇所の所在地に関する所在地情報を、各前記設置済消費者別に記録する消費者情報記憶部と、
前記所在地情報が同一区域を示す複数の前記設置済消費者を選択し、前記パネル情報と同一の前記単位時間帯における前記発電量情報に基づいて重回帰分析を行い、導出される偏回帰係数によって、当該区域の当該単位時間帯における水平面直達日射量と水平面散乱日射量を決定する回帰分析処理部と、を備える日射量推定装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT