行動分析装置及びIP電話システム

開放特許情報番号
L2017002385
開放特許情報登録日
2017/12/22
最新更新日
2017/12/22

基本情報

出願番号 特願2007-071290
出願日 2007/3/19
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2008-234184
公開日 2008/10/2
登録番号 特許第4854555号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 行動分析装置及びIP電話システム
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 行動分析装置、及び、IP電話システム
目的 装置構成を複雑化及び高コスト化することなく、且つ、分析対象者にかかる負荷を増大させることなく、行動分析で必要とされる情報をより正確により充実して収集可能な行動分析装置を提供する。また、該行動分析装置を用い、装置構成を複雑化及び高コスト化することなく、且つ、分析対象者にかかる負荷を増大させることなく、行動分析で必要とされる情報をより正確により充実して収集可能なIP電話システムを提供する。
効果 行動分析用データとしてより正確で、且つ、より充実した情報を得ることが可能になり、行動分析結果の曖昧さを低減することが可能になる。
行動分析装置を構築するに際し、新たに専用の設備を必要とせず、安価に構成することが可能になる。
装置構成を複雑化及び高コスト化することなく、且つ、分析対象者にかかる負荷を増大させることなく、行動分析で必要とされる情報をより正確により充実して収集可能なIP電話システムを得ることが可能になる。
技術概要
コンピュータのデータ処理により複数の分析対象者の行動分析を行う行動分析装置であって、
分析対象者毎に、所定の分析期間における分析対象者の行動予定別に、少なくとも予定開始時刻及び予定終了時刻で規定される予定行動期間を含み、分析対象者の予定位置情報、行動予定の内容、及び、行動予定の他の参加者情報の少なくとも何れか1つを含む付帯情報を登録可能に構成された行動予定データの入力を受け付けて記憶する予定記憶手段と、
分析対象者端末とのデータ通信に基づいて、分析対象者の位置を特定して位置情報を求める位置特定手段と、
位置情報に基づいて、複数の行動実績データを記憶する実績記憶手段と、
行動予定データ別に、行動予定データを行動実績データと対応付ける照合処理を行い、対応付けされた行動実績データの位置情報に基づいて行動予定データ夫々を修正する照合手段と、を備える行動分析装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT