無線システムにおける通信ルート決定方法

開放特許情報番号
L2017002369
開放特許情報登録日
2017/12/22
最新更新日
2017/12/22

基本情報

出願番号 特願2000-375863
出願日 2000/12/11
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2002-185993
公開日 2002/6/28
登録番号 特許第4460752号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 無線システムにおける通信ルート決定方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 無線システムにおいて、親無線機と子無線機との間のルート決定を行なう方法
目的 個々の子機20からみて、通信における電界強度ができるだけ強い親機10をメインルートとなし得るような、親無線機と子無線機との間のルート決定を行なう方法を提供する。
効果 本発明に係るルーティング方法を利用することにより、各子機20から見て、通信における電波電界強度ができる限り強い親機10を、メインルートとすることができる。よって、特にメインルートにおいて、固定式無線システム2全体の通信成功率が向上する。
技術概要
親無線機と、
子無線機とを含み、
各々の親無線機は、子無線機と通信のルートを設定する際の、ルート設定許容登録台数値を備えており、
各々の子無線機は、親無線機との通信のルートの設定において、主要ルートと、副ルートとを備える、
無線システムにおいて、
複数の子無線機に関して、親無線機との通信のルートを設定する際に、
各子無線機は、相手の親無線機のルート設定許容登録台数に満たない限り、所定の優先度が高い親無線機を優先して、主要ルートに係る親無線機とし、
上記の複数の子無線機の全てに関して、主要ルートに係る親無線機を確定し、
続いて、各子無線機は、相手の親無線機のルート設定許容登録台数に満たない限り、主要ルートに係る親無線機を除いて、次に所定の優先度が高い親無線機を優先して、副ルートに係る親無線機とし、
上記の複数の子無線機の全てに関して、副ルートに係る親無線機を確定する、
通信ルート決定方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT