ガスメーターの流量導出方法とガスメーター

開放特許情報番号
L2017002367
開放特許情報登録日
2017/12/22
最新更新日
2017/12/22

基本情報

出願番号 特願2000-092110
出願日 2000/3/29
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2001-281038
公開日 2001/10/10
登録番号 特許第4117996号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 ガスメーターの流量導出方法とガスメーター
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 積算流量を導出するガスメーター
目的 離散的に測定される瞬時流量から一定時間内に於ける積算流量を導出する形態のガスメーターにあって、問題を解消できるガスメーターの流量導出方法を得ると共に、問題を解消できるガスメーターを得ること。
効果 所定の手順に従って、積算流量と、このバラツキを代表する誤差関数を組み合わせて安全機能用に適した安全機能用流量を導出することで、安全機能用に適した安全機能用流量を得ることができる。
この安全機能用流量は、安全機能を動作させるかどうかの判断の対象の流量と出来、安全機能を的確に働かせることができる。
技術概要
離散型に測定される瞬時流量から一定積算時間内に於ける積算流量を導出するガスメーターにおいて、
前記積算時間内に測定される複数の瞬時流量を対象として、
前記複数の瞬時流量のバラツキを表す第一統計関数と、連続する前記瞬時流量の差分、あるいは単位時間当りの瞬時流量の変化量の統計関数である第二統計関数との、一方あるいは双方の関数である誤差関数を求め、
求められる前記誤差関数と別途求められる積算流量とに基づいて、ガスメーターに於ける安全機能用の安全機能用流量を導出するガスメーターの流量導出方法。
離散型に測定される瞬時流量から一定積算時間内に於ける積算流量を導出する積算流量導出手段を備えたガスメーター。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT