生活環境提案システム

開放特許情報番号
L2017002349
開放特許情報登録日
2017/12/22
最新更新日
2017/12/22

基本情報

出願番号 特願2001-084648
出願日 2001/3/23
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2002-288388
公開日 2002/10/4
登録番号 特許第4359005号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 生活環境提案システム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 生活環境提案システム
目的 ユーティリティ消費者である顧客の生活上の問題点を解決するための個別の対策案を提供する生活環境提案システムを提供する。
効果 本発明に係る生活環境提案システムによれば、情報受付手段がユーティリティ消費者である顧客の生活上の問題点を受け付け、対策選択手段が顧客の生活環境を変えることによって上記問題点を解決可能な1以上の対策案を選択し、優先順位付加手段が上記対策案の有効度に基づいて上記対策案に優先順位を付加し、送信手段が上記対策案の内で優先順位の高い少なくとも1つの対策案を顧客に送信することができる。その結果、顧客の1人1人に対して、彼らの問題点を解決することのできる対策案を提案することができる。
技術概要
顧客から問題点を含む情報を受け付ける情報受付手段と、
問題点に対応する、ユーティリティ消費機器の使用に関する提案である複数の対策案が記憶されている記憶装置と、
記憶装置に記憶されている複数の対策案の中から、情報受付手段で受け付けた問題点に対応する1以上の対策案を選択する対策選択手段と、
顧客の年齢、性別、同じ世帯に住む家族の人数、家族の個々の年齢、個々の性別、使用される機器の種類、及び、家族個々による機器の使用条件の少なくとも何れか1つを含む顧客属性情報を記憶する顧客情報記憶手段と、
複数の対策案に対して顧客属性情報に応じて予め与えられている有効度についての有効度情報を備え、有効度情報と顧客情報記憶手段に記憶されている顧客の顧客属性情報とに基づいて対策選択手段が選択した対策案の有効度を決定して、決定した有効度が高い対策案ほど高い優先順位を付加する優先順位付加手段と、対策選択手段が選択した対策案の内で、優先順位付加手段が付加した優先順位の高い少なくとも1つの対策案を顧客に送信する送信手段とを備える生活環境提案システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT