料金計算システム

開放特許情報番号
L2017002348
開放特許情報登録日
2017/12/22
最新更新日
2017/12/22

基本情報

出願番号 特願2000-099980
出願日 2000/3/31
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2001-280999
公開日 2001/10/10
登録番号 特許第4225667号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 料金計算システム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 料金を計算するシステム
目的 供給量計測器の計測値を需要家が読み取ってエネルギ業者へ報知し、エネルギ業者では、報知された計測値から料金を計算するにあたり、需要家が読み取り行為を行ったことを考慮し、割引を行った料金計算をすることにより、エネルギ業者にとっては、必要な費用を抑えることが可能であり、またそれを料金割引というかたちで需要家に還元することにより、需要家にとっては、従来より低い料金で供給物を得ることが可能な料金計算システムの提供。
効果 供給量計測器の計測値の読み取りから、供給物を供給するエネルギ業者が管理する料金計算装置への計測値の送信までの行為を需要家側で行うことにより、計測値から料金を計算するにあたり、需要家の行為を考慮して、割引を行った料金計算をすることにより、検針員に対する人件費及び計測値検出器の設置費用等の費用を抑えることができるので、エネルギ業者にとっては、費用の抑制が可能であり、またそれを料金割引というかたちで需要家に還元することにより、需要家にとっては、従来より低い料金で供給物を得ることが可能である等、優れた効果を奏する。
技術概要
料金計算装置は、供給量計測器に対応付けて、料金に関する情報を記録する料金情報データベースと、計測値を受け付ける手段と、受け付けた計測値、及び該計測値を受け付けた受付日を、料金情報データベースに記録する手段と、記録した計測値及び受付日に基づいて料金を計算する手段とを備え、
料金情報データベースは、供給量計測器に対応付けて計測値送信要求期及び受信装置を示す情報が記録されており、
料金計算装置は、更に、カレンダー手段と、該カレンダー手段が示す日付を検索キーにして、料金情報データベースから計測値送信要求期に対応する受信装置を抽出する手段と、抽出した受信装置へ、計測値の送信を要求する計測値要求情報を送信する手段とを備え、
料金情報データベースの受信装置を示す情報は、優先順位に対応付けて複数個記録されており、
料金計算装置は、更にまた、第1の受信装置へ計測値要求情報を送信してから、所定期間経過後、計測値を受け付けているか否かを判別する手段と、該計測値を受け付けていないと判別した場合に、第1の受信装置の次に優先順位の高い第2の受信装置へ、計測値要求情報を送信する手段とを備えることを特徴とする料金計算システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT