料金算出装置及び記録媒体

開放特許情報番号
L2017002344
開放特許情報登録日
2017/12/22
最新更新日
2017/12/22

基本情報

出願番号 特願平11-155734
出願日 1999/6/2
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2000-346671
公開日 2000/12/15
登録番号 特許第4222685号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 料金算出装置及び記録媒体
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 料金算出装置及び記録媒体
目的 複数種の資源を使用する機器により使用された資源の各使用量について、複数の使用量に割引を適用する割引サービスの実施に使用され、しかもこのための設備投資額の削減及び効率的な施策を可能にするような料金算出装置及びコンピュータを前記料金算出装置として機能させるためのプログラムを記録してある記録媒体の提供。
効果 本発明の料金算出装置及び記録媒体に含まれるプログラムコード手段により制御されるコンピュータによっては、課金単位体へ供給される各資源の単位時間当たりの供給量を夫々受け付け、また割引サービスの対象機器による各資源の使用量の有無を表す信号を受け付けて各資源の使用期間を検出し、該使用期間における各供給量の変化量を前記対象機器による使用量とみなして求める。従って、送信すべきデータ量の削減が可能になって、電話回線による通信コストを低減できるという優れた効果を奏する。
技術概要
課金単位体に設置してある機器により使用された複数種の資源の各使用量に対応する料金を夫々算出する料金算出装置であって、割引に係る数値を記憶する記憶手段と、前記課金単位体に設置してある、前記機器を含む機器群へ供給される各資源の単位時間当たりの供給量を夫々受け付ける手段と、前記機器による各資源の使用量の有無を表す信号を受け付け、受け付けた信号に基づき前記機器による各資源の使用期間を検出する手段と、検出した使用期間の開始時期の前後における各供給量の変化量及び前記使用期間に基づいて、前記機器による各資源の使用量を求める手段と、求めた各使用量に対応する金額を所定の規則に則って導出する手段と、導出した金額及び前記記憶手段から読み出した数値に基づき、複数種の資源の使用量に対応する割引料金を算出する手段とを備えることを特徴とする料金算出装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT