不変条件生成装置、コンピュータプログラム、不変条件生成方法、プログラムコード製造方法

開放特許情報番号
L2017002309
開放特許情報登録日
2017/12/14
最新更新日
2017/12/14

基本情報

出願番号 特願2016-017441
出願日 2016/2/1
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 特開2017-138679
公開日 2017/8/10
発明の名称 不変条件生成装置、コンピュータプログラム、不変条件生成方法、プログラムコード製造方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 不変条件生成装置等
目的 不変条件を生成するための新たな技術を提供する。
効果 テンプレート法では、テンプレートとなる多項式を用いた制約を明示的に生成するため、処理のための記憶領域が多く必要となり、処理時間も長くなり易い。
技術概要
不変条件生成装置100は、プログラムコードが記憶される記憶部300と、不変条件を生成する処理を実行する処理部200を備える。処理部200は、不変条件を生成する第3処理を実行する。第3処理は、プログラムコードが実行されることによる1又は複数の部分式それぞれの変換を表す変換行列の転置である表現行列を生成する行列生成処理と、表現行列の固有値と固有ベクトルを求める演算処理と、固有値及び固有ベクトルの組と、1又は複数の部分式と、に基づいて、不変条件を生成する不変条件生成処理と、を含む。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT