外力推定装置及び方法、並びにコンピュータプログラム

開放特許情報番号
L2017002300
開放特許情報登録日
2017/12/14
最新更新日
2017/12/14

基本情報

出願番号 特願2015-120581
出願日 2015/6/15
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 特開2017-000623
公開日 2017/1/5
発明の名称 外力推定装置及び方法、並びにコンピュータプログラム
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 外力推定装置及び方法、並びにコンピュータプログラム
目的 弾性体の局所的な変位情報から、弾性体の全体に加わる外力を推定することができる外力推定装置及び方法、並びにコンピュータプログラムを提供する。
効果 本発明によれば、弾性体の一部の領域における変位情報から、弾性体の全体に付与される外力を推定することができる。
技術概要
スパースな外力が付与された弾性体の一部の領域から変位の情報を取得する取得部と、
前記変位と前記弾性体の剛性情報と前記弾性体に付与される外力とを用いた有限要素法による関係式にl↓1再構成を適用して最適化問題に変換し、前記外力を推定する推定部とを備えている、外力推定装置。
スパースな外力が付与された弾性体の一部の領域から変位情報を取得する機能、及び、
前記変位と前記弾性体の剛性情報と前記弾性体に付与される外力とを用いた有限要素法による関係式にl↓1再構成を適用して最適化問題に変換し、前記外力を推定する機能を、コンピュータに実現させるコンピュータプログラム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT