フラックスゲートセンサの製造方法

開放特許情報番号
L2017002297
開放特許情報登録日
2017/12/15
最新更新日
2017/12/15

基本情報

出願番号 PCT/JP2011/060939
出願日 2011/5/12
出願人 株式会社フジクラ
公開番号 WO2011/142416
公開日 2011/11/17
登録番号 特許第5625053号
特許権者 株式会社フジクラ
発明の名称 フラックスゲートセンサの製造方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 フラックスゲートセンサ
目的 本発明の目的は、磁性層(磁性膜)の磁化曲線の線形性を損なうことのないフラックスゲートセンサの製造方法を提供することである。
効果 本発明のフラックスゲートセンサの製造方法によれば、磁性膜の保磁力の増大に伴う磁気特性の線形性の劣化が抑制され、良好な出力特性が維持されたフラックスゲートセンサが得られる。
技術概要
 
本発明は、特に、携帯電話等に使用される電子方位計内に採用されている薄膜フラックスゲートセンサの製造方法に関するものである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 要相談

登録者情報

登録者名称 株式会社フジクラ

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT