フラックスゲートセンサおよびそれを用いた電子方位計

開放特許情報番号
L2017002285
開放特許情報登録日
2017/12/15
最新更新日
2017/12/15

基本情報

出願番号 PCT/JP2010/003428
出願日 2010/5/21
出願人 株式会社フジクラ
公開番号 WO2010/134348
公開日 2010/11/25
登録番号 特許第4774472号
特許権者 株式会社フジクラ
発明の名称 フラックスゲートセンサおよびそれを用いた電子方位計
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 フラックスゲートセンサ、電子方位計
目的 本発明は、小型で感度が高いことに加えて、励磁効率が高く、かつ設計自由度の高いフラックスゲートセンサおよびそれを用いた電子方位計を提供することを目的とする。
効果 発明によれば、磁気コアの幅の広い端部分に励磁コイルを巻き回すことで、励磁コイルの巻き数が増え、端部分の励磁コイルから発生する磁束を中央部分に集中して印加することができ、2つの励磁コイルに同時に電流を通電できるため、電極パッドを減らすことができ、小型化が実現できる。また、中央部分にも励磁コイルを巻き回すことにより、より強い励磁を行うことができる。
以上より、精度の高いフラックスゲートセンサを用いることにより、高い方位精度を実現できる。
技術概要
 
本発明は、薄膜プロセスにて作製された小型のフラックスゲートセンサおよびそれを用いた電子方位計に関する。特に、小型、高感度である上に、励磁効率が高く、設計自由度の高いフラックスゲートセンサおよびそれを用いた電子方位計技術に関するものである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 要相談

登録者情報

登録者名称 株式会社フジクラ

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT