光線射出方向算出装置および光線射出方向算出方法

開放特許情報番号
L2017002276
開放特許情報登録日
2017/12/13
最新更新日
2017/12/13

基本情報

出願番号 特願2013-166912
出願日 2013/8/9
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-034789
公開日 2015/2/19
登録番号 特許第6126940号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 光線射出方向算出装置および光線射出方向算出方法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 光線射出方向算出装置および光線射出方向算出方法
目的 正しい測定位置からの位置ずれ量や傾き量によらず、光線指向制御部から射出された光線の実際の射出方向を正確に求めることが可能な、光線射出方向算出装置および光線射出方向算出方法を提供する。
効果 本発明によれば、光線指向制御部から射出される光線の実際の射出方向(傾き角)を正確に求めることができる。これにより、光線指向制御部の設計の妥当性や形状の正確性等の正確な評価を行うことが可能となる。
技術概要
垂直基準からの傾き角が等しい方向に光線を射出する2つのユニットを備え、前記2つのユニットが、当該2つのユニットの中心を結ぶ軸線上において、互いに向かい合う方向に光線を射出するように所定間隔を空けて基板上に配置された一の評価用試料と、前記2つのユニットが前記軸線上において、互いに反対方向に光線を射出するように前記所定間隔を空けて基板上に配置された他の評価用試料とのそれぞれについて、前記2つのユニットからそれぞれ射出された光線の実際の傾き角を算出する光線射出方向算出装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT