映像記録装置及び映像記録方法

開放特許情報番号
L2017002275
開放特許情報登録日
2017/12/13
最新更新日
2017/12/13

基本情報

出願番号 特願2013-211876
出願日 2013/10/9
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-075931
公開日 2015/4/20
登録番号 特許第6180271号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 映像記録装置及び映像記録方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 高精細映像用の映像記録装置、映像記録方法
目的 アドレス管理の処理負荷を低減できる映像記録装置及び映像記録方法を提供すること。
効果 本発明によれば、アドレス管理の処理負荷が低減される。
技術概要
NANDメモリを記録素子とする映像記録装置であって、
前記記録素子に対応する物理アドレスと、論理アドレスとを動的に関連付ける管理テーブルを記憶する記憶部と、
前記管理テーブルを管理すると共に、当該管理テーブルに基づいてアドレス変換を行い、指定された前記論理アドレスに関連付けられている物理アドレスの記録素子を制御する制御部と、を備え、
前記管理テーブルにおいて、所定の圧縮率で符号化された映像データの1フレームの容量に相当する複数の物理アドレスからなるグループに対して中間アドレスが設けられ、
前記制御部は、前記映像データのフレーム単位に前記論理アドレスを割り当て、当該論理アドレスと前記中間アドレスとの関連付けを管理する映像記録装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT