内燃機関のCO2の排出量改善構造

開放特許情報番号
L2017002223
開放特許情報登録日
2017/12/14
最新更新日
2017/12/14

基本情報

出願番号 特願2016-008036
出願日 2016/1/19
出願人 株式会社アルファコーポレーション
公開番号 特開2017-129045
公開日 2017/7/27
登録番号 特許第6019255号
特許権者 株式会社アルファコーポレーション
発明の名称 内燃機関のCO2の排出量改善構造
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 内燃機関のCO↓2の排出量改善構造
目的 内燃機関からのCO↓2の排出量を低減させることができる内燃機関のCO↓2の排出量改善構造を提供する。
効果 本発明の内燃機関のCO↓2の排出量改善構造は、内燃機関からのCO↓2の排出量を低減させることができるという優れた効果を奏し得る。
技術概要
外部から供給された空気と液体燃料とを燃焼させる燃焼室及び該燃焼室内での燃焼に伴って駆動する駆動部が内装されるクランク室が形成されるエンジンと、該燃焼室に供給する空気を流通させる吸気管と、前記燃焼室内での燃焼によって発生したガスを流通させて外部に排出する排気管とを備え、前記エンジンは、前記クランク室内に供給する潤滑油が収容されるオイルパンを有する内燃機関のCO↓2の排出量改善構造であって、高電圧で発生させた共振減衰の磁場に晒されて脱磁された状態の非磁性体の複数の金属部材を備え、該金属部材は、前記吸気管と、前記排気管と、前記オイルパンとのそれぞれに取り付けられることを特徴とする内燃機関のCO↓2の排出量改善構造。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT