警報装置

開放特許情報番号
L2017002218
開放特許情報登録日
2017/12/8
最新更新日
2017/12/8

基本情報

出願番号 特願2011-157982
出願日 2005/11/9
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2011-238274
公開日 2011/11/24
登録番号 特許第5261544号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 警報装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 警報装置
目的 警報装置の発報が誤報である場合や、安全が確保された場合等において、一定の操作を行うことにより発報を一時停止させることが可能であるとともに、ユーザーが発報の一時停止時間を、そのときの状況に応じて選択することが可能な警報装置を提供する。
効果 ユーザーは停止操作の操作パターンを変更するだけの簡単な操作で、目的とする警報の停止時間を確実に選択することができる。
警報装置の誤報等に対するユーザーの判断ミスによって、警報を長期に亘って一時停止状態にしてしまうというリスクを低減しながらも、警報装置の利便性および信頼性を向上させることができる。
技術概要
異常状態を検知して警報を発報するとともに、操作部に対する停止操作により前記発報を一時停止する警報装置であって、
停止時間長さが順次長くなる第1段階から第3段階までの3段階の停止時間を格納した記憶部と、
前記停止操作に基づいて、前記停止時間の中から、第1段階或いは第2段階の何れかの停止時間を選択し、選択された停止時間に亘って前記発報を一時停止する制御部とを備え、
前記第2段階の一時停止状態を経由し、第3段階の割り込み操作をして初めて第3段階の一時停止状態にすることができ、且つ、前記第3段階の割り込み操作が、複雑な操作あるいはユーザー側では実行できず、警報装置に係る業者により実行できる操作を伴うものである警報装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT