コージェネレーションシステムおよびその運転方法

開放特許情報番号
L2017002213
開放特許情報登録日
2017/12/8
最新更新日
2017/12/8

基本情報

出願番号 特願2003-087122
出願日 2003/3/27
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2004-296267
公開日 2004/10/21
登録番号 特許第4248280号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 コージェネレーションシステムおよびその運転方法
技術分野 電気・電子、機械・加工
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 コージェネレーションシステム
目的 更なる省エネルギー化を実現することができるコージェネレーションシステムを提供する。
効果 総合効率的にみれば、電力出力側、熱出力側、両者のバランスのとれた運転が可能となり、排熱量、補足熱量をできるだけ抑えた運転が可能となる。よって、更なる省エネルギー化を実現することができるコージェネレーションシステムを提供できる。
技術概要
商用系統から電力を供給される電力負荷に対して、前記商用系統から前記電力負荷に供給される電力を計測する電力負荷計測手段を設け、
熱負荷に対して、前記熱負荷に供給される熱を計測する熱負荷計測手段を設け、
電力と熱とを出力してその出力を調整可能な燃料電池と、前記燃料電池の運転を制御する運転制御手段とを設け、
前記燃料電池で発電された電力をインバータを介して前記電力負荷に供給する構成で、当該燃料電池からの排熱により加熱された湯を蓄える貯湯ユニットと、前記貯湯ユニットに貯湯された湯を介して前記熱負荷に熱を供給する構成で、
前記電力負荷計測手段、前記インバータの出力値、前記熱負荷計測手段の計測により実電力負荷及び実熱負荷を計測するとともに、前記貯湯ユニットの貯湯状態からシステム内に蓄積される蓄熱量を検出するように構成され、
前記運転制御手段が、要求されている実電力負荷を賄えるように、前記実電力負荷に応じて前記燃料電池の出力を調整する電力負荷追従運転を行うコージェネレーションシステム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT