発電システム及びその運転方法及び運転制御装置

開放特許情報番号
L2017002211
開放特許情報登録日
2017/12/8
最新更新日
2017/12/8

基本情報

出願番号 特願2003-046152
出願日 2003/2/24
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2004-258767
公開日 2004/9/16
登録番号 特許第4274816号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 発電システム及びその運転方法及び運転制御装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 発電システム、その発電システムに設けられる運転制御装置
目的 ガスメータを介して発電システムにガスを供給する場合において、ガスメータの供給異常検知機能を、誤検知を行うことなく有効に機能させように、発電システムの運転を行うための技術を提供する。
効果 供給異常検知機能を有するマイコンメータ等のガスメータを介して、燃料電池システム等の発電システムに燃料であるガスが供給される場合において、上記誤検知回避操作を実行することで、ガスメータの供給異常検知機能を、誤検知を行うことなく有効に機能させように、発電システムの運転を行うことができる。
技術概要
ガス流量を計測するガスメータから供給されたガスを消費して発電する発電システムの運転方法であって、
前記ガスメータが、前記計測したガス流量から認識されるガス流通状態が所定の判定期間中に所定のリセット状態とならなかったことをガス供給異常として検知する供給異常検知機能を有する場合において、
前記判定期間中に、前記ガスメータから前記発電システムへ供給されるガス供給量を所定の変動パターンに従って一時的に変動させて、前記発電システムの運転に起因する前記供給異常検知機能のガス供給異常の誤検知を回避する誤検知回避操作を実行し、且つ、
前記供給異常検知機能が、前記ガス流通状態が前記リセット状態でなくなったときに、前記判定期間を開始する場合において、
前記誤検知回避操作を、前記判定期間未満の所定の操作期間間隔で繰り返し実行する発電システムの運転方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT