水素含有ガス生成装置

開放特許情報番号
L2017002210
開放特許情報登録日
2017/12/8
最新更新日
2017/12/8

基本情報

出願番号 特願2003-088566
出願日 2003/3/27
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2004-292262
公開日 2004/10/21
登録番号 特許第4236496号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 水素含有ガス生成装置
技術分野 化学・薬品、無機材料、電気・電子
機能 機械・部品の製造、加熱・冷却
適用製品 水素含有ガス生成装置
目的 小型化を図り得る水素含有ガス生成装置を提供する。
効果 従来のように原料水予熱用熱交換部と変成ガス冷却用熱交換部とを接続筒にて接続する手間が不要となるので、設置作業の簡略化をも図ることも可能になる。
従って、水素含有ガス生成装置の小型化を図ることが可能になり、又、原料水予熱用熱交換部及び変成ガス冷却用熱交換部の設置作業の簡略化をも図ることができるようになった。
技術概要
原料水予熱用熱交換部が、原料水予熱用内筒部と原料水予熱用外筒部とからなる二重筒状に構成され、且つ、前記原料水予熱用内筒部内を変成ガスが通流し、前記原料水予熱用内筒部と原料水予熱用外筒部との間の環状空間を原料水が通流するように構成され、
変成ガス冷却用熱交換部が、変成ガス冷却用内筒部と変成ガス冷却用外筒部とからなる二重筒状に構成され、且つ、前記変成ガス冷却用内筒部内を変成ガスが通流し、前記変成ガス冷却用内筒部と変成ガス冷却用外筒部との間の環状空間を冷却用流体が通流するように構成された水素含有ガス生成装置であって、
前記原料水予熱用熱交換部の原料水予熱用内筒部と、前記変成ガス冷却用熱交換部の変成ガス冷却用内筒部とが、隙間無く一連に連なる一体状態に構成されている水素含有ガス生成装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT