LPガス用水素含有ガス生成装置及び燃料電池システム

開放特許情報番号
L2017002189
開放特許情報登録日
2017/12/8
最新更新日
2017/12/8

基本情報

出願番号 特願2001-350086
出願日 2001/11/15
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2003-146609
公開日 2003/5/21
登録番号 特許第3963710号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 LPガス用水素含有ガス生成装置及び燃料電池システム
技術分野 化学・薬品、無機材料、機械・加工
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 LPガス用水素含有ガス生成装置、及びそれを備えた燃料電池システム
目的 LPガスボンベ等から得ることができるLPガスを原燃料ガスとして用いるLPガス用水素含有ガス生成装置において、LPガスの組成が変化した場合においても、簡単な構成で適切に出力制御等を行なうことができ、良好な運転状態を維持することができる技術を提供する。
効果 LPガス用水素含有ガス生成装置の運転条件を、供給されるLPガスの炭素量及び発熱量に適した値に設定することができ、LPガス用水素含有ガス生成装置の運転状態を好ましいものに維持することができる。
LPガスの組成が変化しても、LPガス用水素含有ガス生成装置の運転条件をLPガスの炭素量及び発熱量に適した値に容易に設定することができるので、燃料電池の電力負荷等に対して安定して追従するように制御することができ、燃料電池システムの運転状態を好ましいものに維持することができる。
技術概要
LPガスが供給されるLPガス受入部と、改質処理部加熱手段により加熱されて、前記LPガスを水蒸気を用いて改質処理して水素含有ガスを生成する改質処理部と、
質量流量計により前記LPガスの流量を計測するLPガス流量計測手段と、
前記LPガス流量計測手段で計測される前記LPガスの流量に基づいて、前記改質処理部の運転条件を設定する運転条件設定手段を備えたLPガス用水素含有ガス生成装置において、
前記LPガス流量計測手段が、前記LPガス受入部から前記改質処理部へ供給される前記LPガスの質量流量を計測する改質用LPガス質量流量計であり、
前記運転条件設定手段が、前記改質用LPガス質量流量計で計測される前記LPガスの質量流量に基づいて、前記改質処理部に供給する前記水蒸気の流量を前記運転条件として設定する手段であるLPガス用水素含有ガス生成装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT