コジェネレーション装置の負荷調整方法

開放特許情報番号
L2017002188
開放特許情報登録日
2017/12/8
最新更新日
2017/12/8

基本情報

出願番号 特願2001-341883
出願日 2001/11/7
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2003-153449
公開日 2003/5/23
登録番号 特許第3810301号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 コジェネレーション装置の負荷調整方法
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 コジェネレーション装置の負荷調整方法
目的 電力負荷の低下に伴う逆潮流を効率よく防止或いは緩和できるコジェネレーション装置の負荷調整方法を提供する。
効果 運転を強制的に制御することで設定された電力消費調整機器の全消費電力の範囲内で電力負荷の調整(増減)が可能。
総消費電力がコジェネレーション装置の出力電力を下回る場合に電力消費調整機器の運転制御により総消費電力が増加することで逆潮流の程度が緩和或いは逆潮流の防止が図れる。また、コジェネレーション装置が最低出力電力より大きい電力を出力している場合は、総消費電力の低下に追従して出力電力が下がるまでの間に生じる逆潮流が防止または緩和される。
技術概要
電力と熱エネルギを発生するコジェネレーション装置から少なくとも電力供給を受けてその電力を消費する機器であって、所定時間範囲を超えて連続運転或いは定常運転させる必要がなく運転時間帯の設定に対し自由度のある特定の機器の複数を、予め電力消費調整機器として設定すると共に、当該電力消費調整機器の全候補の夫々につき消費電力を記憶し、
前記コジェネレーション装置から電力供給を受ける全機器の総消費電力が前記コジェネレーション装置の出力する出力電力を下回る場合に、前記総消費電力が増加するように、前記電力消費調整機器の中から1台以上の電力消費調整機器を前記消費電力によって選択し、当該選択した電力消費調整機器に対して強制的に運転制御することを特徴とするコジェネレーション装置の負荷調整方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT