コンロ

開放特許情報番号
L2017002159
開放特許情報登録日
2017/12/8
最新更新日
2017/12/8

基本情報

出願番号 特願2010-049211
出願日 2004/3/31
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2010-117130
公開日 2010/5/27
登録番号 特許第4951684号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 コンロ
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 コンロ
目的 直火加熱を行って熱効率と熱出力を高く維持しながら、美観と掃除のし易さに優れたコンロを提供する。
効果 被加熱物の底面だけでなく側方部も伝熱面として利用できることになり、熱効率及び熱出力を高く維持できる。
被加熱物状態検出手段に対する火炎の影響を抑制した状態で被加熱物の状態を正確に判断することができる。
接触型温度検出手段に対する火炎や高温の燃焼ガスの影響を抑制した状態で被加熱物の温度を検出することができ、故障が発生し難くなり、かつ、被加熱物の正確な温度検出ができる。
火災などの事故を未然に防ぐことができ、温度検出手段としても安価な接触型の温度センサを用いることができる。
技術概要
平板状の天板と、前記天板に形成された天板開口部と、前記天板開口部の下方に離間して設けられて燃料ガスを燃焼させ前記天板開口部の下方に火炎を形成して被加熱物を加熱するバーナとを備えてあるコンロにおいて、
前記天板の天板開口部の周囲に、前記被加熱物が載置される3つ以上の突起を形成し、前記突起に、前記被加熱物の状態を検出する被加熱物状態検出手段を設け、
前記被加熱物状態検出手段として、前記被加熱物の温度を検出する接触型温度検出手段を設けてあるコンロ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT