水素含有ガス生成装置の運転方法及び水素含有ガス生成装置

開放特許情報番号
L2017002150
開放特許情報登録日
2017/12/8
最新更新日
2017/12/8

基本情報

出願番号 特願2004-031922
出願日 2004/2/9
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2005-219991
公開日 2005/8/18
登録番号 特許第4429032号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 水素含有ガス生成装置の運転方法及び水素含有ガス生成装置
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 機械・部品の製造
適用製品 水素含有ガス生成装置
目的 運転時間の経過に伴う生成水素含有ガス中の一酸化炭素濃度の上昇を抑制し得る水素含有ガス生成装置の運転方法及び水素含有ガス生成装置を提供すること。
効果 運転時間の経過に伴う生成水素含有ガス中の一酸化炭素濃度の上昇を抑制し得る水素含有ガス生成装置を提供することができるようになった。
技術概要
改質バーナへの燃料の供給量を調節する燃料供給量調節手段及び前記改質バーナへの燃焼用空気の供給量を調節する燃焼用空気供給量調節手段を制御する制御手段が、前記改質バーナへの燃料供給量に対する燃焼用空気供給量の比率を運転時間が経過するほど大きくする状態で、前記改質部の温度を一定又は略一定に維持するように前記改質バーナへの燃料供給量及び燃焼用空気供給量を調節すべく、前記燃料供給量調節手段及び前記燃焼用空気供給量調節手段を制御するように構成されている点を特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT