毒性評価装置

開放特許情報番号
L2017002134
開放特許情報登録日
2017/11/30
最新更新日
2019/3/29

基本情報

出願番号 特願2017-118144
出願日 2017/6/15
出願人 国立大学法人鳥取大学
公開番号 特開2019-002814
公開日 2019/1/10
発明の名称 毒性評価装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 毒性評価装置
目的 有毒物質の濃度が低いような場合でも高い精度で水質監視を行うことができる水質監視装置を提供することを目的し、また、小型化が可能で魚類の飼育コストを抑えることのできる毒性評価装置を提供すること。
効果 魚類の過敏な反応動作の有無を的確に判定することができ、より高い精度での毒性評価を行うことができる。
技術概要
試料水の中で魚類を飼育するための監視用水槽と、前記監視用水槽内で飼育される前記魚類に刺激を与えるための刺激付与部と、前記刺激付与部による刺激に対する前記魚類の反応動作を撮影する監視用カメラと、前記監視用カメラから得られる前記魚類の反応動作情報に基づいて毒性評価を行う評価部と、を備えることを特徴とする毒性評価装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT