ワイヤ状構造体、ワイヤ状構造体の製造方法、熱電変換素子、及びペルチェ素子

開放特許情報番号
L2017002127
開放特許情報登録日
2017/11/30
最新更新日
2017/11/30

基本情報

出願番号 特願2008-158297
出願日 2008/6/17
出願人 株式会社デンソー、国立大学法人京都大学
公開番号 特開2009-302479
公開日 2009/12/24
登録番号 特許第5059695号
特許権者 株式会社デンソー、国立大学法人京都大学
発明の名称 ワイヤ状構造体、ワイヤ状構造体の製造方法、熱電変換素子、及びペルチェ素子
技術分野 電気・電子、輸送
機能 材料・素材の製造
適用製品 ワイヤ状構造体、その製造方法、熱電変換素子、及びペルチェ素子
目的 欠陥が少なく、熱電変換材料等として好適に使用できるワイヤ状構造体、その製造方法、熱電変換素子、及びペルチェ素子を提供する。
効果 本発明のワイヤ状構造体は、熱電変換材料として使用した場合、ワイヤ状の形態を有することにより、バルク状のものに比べて、エネルギー変換効率が高い。また、本発明のワイヤ状構造体は欠陥が少ないため、熱電変換材料として使用した場合、電気抵抗が小さい。よって、本発明のワイヤ状構造体を用いれば、優れた熱電変換素子を製造することができる。
技術概要
(a)ビスマス原子と、
(b)電気双極子モーメントを有する陰イオンと、
(c)化学式1で表される有機化合物と、
を含むワイヤ状構造体。
化学式1において、X↓1〜X↓4は、それぞれ、O、S、Se、Teから成る群から選ばれる1種であり、R↓1〜R↓4は、それぞれ、水素又は炭化水素である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT