ワイヤレスマイク用OFDM送信装置、受信装置及び送受信システム

開放特許情報番号
L2017002085
開放特許情報登録日
2017/11/29
最新更新日
2017/11/29

基本情報

出願番号 特願2013-095976
出願日 2013/4/30
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2014-112815
公開日 2014/6/19
登録番号 特許第6155085号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 ワイヤレスマイク用OFDM送信装置、受信装置及び送受信システム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 ワイヤレスマイク用OFDM送信装置、受信装置及び送受信システム
目的 音声信号の変調にOFDM変調方式を利用するものであり、音声信号の送受信による遅延時間を減少させ、且つ、マルチパスフェージングによる受信品質の低下を防止するワイヤレスマイク用OFDM送信装置、受信装置及び送受信システムを提供する。
複数の伝送モードで使用可能な小型のワイヤレスマイク用OFDM送信装置、受信装置及び送受信システムを提供する。
効果 音声信号の送受信による遅延時間を減少させ、且つ、マルチパスフェージングによる受信品質の低下を防止することができるようになる。
また、伝送帯域幅が600kHz級及び400kHz級のLPCM(Linear Pulse Code Modulation)又は高耐干渉低遅延ラジオマイクと、伝送帯域幅が300kHz級、288kHz級及び200kHz級の多チャンネル低遅延ラジオマイクの送受信部の回路が共用できるので、複数の伝送モードを選択して利用する場合に回路規模を大幅に削減できる。
技術概要
デジタルの音声信号をOFDM変調方式により送信するワイヤレスマイク用OFDM送信装置であって、
デジタルの音声信号をブロック単位で入力し、外符号を生成する外符号符号化部と、
外符号化されたデータを内符号化して、内符号を生成する内符号符号化部と、
前記内符号符号化部出力をOFDM変調方式により変調してOFDM信号を生成するOFDM変調部と、
デジタルの音声信号と、当該音声信号をデータ圧縮した圧縮音声信号とを選択可能とする選択部と、
送信側クロック発生部からのクロックと、当該クロックを逓倍・分周した逓倍・分周クロックとを選択可能とするクロック選択部と、
を備え、
帯域幅設定・選択機能を有することで、伝送帯域幅が異なる複数のOFDM変調方式を切り替えて使用でき、
インターリーブとして、ビットインターリーブと周波数インターリーブを用いることを特徴とするワイヤレスマイク用OFDM送信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT