計測装置及びそのプログラム

開放特許情報番号
L2017002083
開放特許情報登録日
2017/11/29
最新更新日
2017/11/29

基本情報

出願番号 特願2013-086217
出願日 2013/4/17
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2014-211311
公開日 2014/11/13
登録番号 特許第6192157号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 計測装置及びそのプログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 計測装置及びそのプログラム
目的 正確な計測を可能とした計測装置及びそのプログラムを提供する。
効果 相対的な角度を算出するため、誤差が相殺され、正確に計測を行うことができる。
計測対象物を向くように撮影カメラを正確に制御することができる。
正確な計測対象物の位置を提示することができる。
技術概要
計測基準物と、計測対象物との両方が移動しているときに、計測点と計測対象点との距離を計測する計測装置であって、時刻t,t+1の計測値として、計測基準物の位置P↓t,P↓(t+1)及び計測対象物に対する計測基準物の方向D↓t,D↓(t+1)を示す位置方向情報が入力され、計測基準物の位置P↓t,P↓(t+1)について時刻t,t+1の差分ΔP↓(t+1)、及び、計測基準物の方向D↓t,D↓(t+1)について時刻t,t+1の差分Δφ↓(t+1),Δθ↓(t+1)(但し、φ↓(t+1)がX軸及びY軸上での方向、θ↓(t+1)がX軸、Y軸及びZ軸上での方向)を式(1)に示すように動座標基底ベクトルE1↓(t+1),E2↓(t+1),E3↓(t+1)に分解することで、微分形式の動座標系で方向の変化を示す角度Δφ↓(t+1),Δθ↓(t+1)を算出する角度算出手段と、式(2)及び式(3)で表される距離算出式により、動座標基底ベクトルE1↓(t+1),E2↓(t+1),E3↓(t+1)と、角度Δφ↓(t+1),Δθ↓(t+1)とに基づいて、微分形式の動座標系で計測点と計測対象点との距離r↓(t+1)を算出する距離算出手段と、を備える。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT