熱電併給システム

開放特許情報番号
L2017002035
開放特許情報登録日
2017/11/23
最新更新日
2017/11/23

基本情報

出願番号 特願2011-074258
出願日 2011/3/30
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2012-207864
公開日 2012/10/25
登録番号 特許第5756665号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 熱電併給システム
技術分野 機械・加工、電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 熱電併給システム
目的 省エネルギ性等を追求しつつ、運転時間帯に対するユーザ要望を取り入れた運転計画が可能な熱電併給システムを提供する。
効果 運転実行時間帯が、運転希望時間帯と所定の最小重複時間以上重複するように、且つ、当該運転実行時間帯に熱電併給装置が稼働することで運転希望時間帯の開始から所定時間経過後に発生する第1予測熱需要が充足されるように設定されるため、熱電併給装置の運転時間帯に関する外部から入力されたユーザ要望等を反映しつつ、省エネルギ性の高い熱電併給装置の運転を実現できる。
技術概要
電力と熱を併せて発生する熱電併給装置と、前記熱電併給装置で発生した熱を回収し、回収した熱を温水に変換して蓄熱して熱負荷に供給する熱供給装置と、前記熱電併給装置の運転を制御する運転制御装置と、を備えた熱電併給システムであって、
前記運転制御装置が、
前記熱電併給装置の運転希望時間帯を外部から受け付ける運転時間帯入力部と、
熱需要の実績データを蓄積し、蓄積された熱需要実績データに基づいて、運転計画対象時間範囲を含む予測時間範囲における熱需要の所定の時間間隔における時間変化を予測し、熱需要予測データとして記憶する需要予測部と、
前記需要予測部が記憶した前記熱需要予測データに基づく予測熱需要の内、前記運転希望時間帯の開始から所定時間経過後に発生する第1予測熱需要を充足するために要する前記熱電併給装置の運転時間以上の時間長となり、且つ、前記運転希望時間帯と所定の非ゼロの最小重複時間以上重複する運転実行時間帯を算出する運転計画部と、を備え、
少なくとも前記運転実行時間帯に、前記熱電併給装置を運転状態とする制御を行うことを特徴とする熱電併給システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT