潜熱回収式加熱装置のドレン排水システム

開放特許情報番号
L2017002024
開放特許情報登録日
2017/11/23
最新更新日
2017/11/23

基本情報

出願番号 特願2010-058172
出願日 2010/3/15
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2011-191001
公開日 2011/9/29
登録番号 特許第5656423号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 潜熱回収式加熱装置のドレン排水システム
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 潜熱回収式加熱装置のドレン排水システム
目的 従来の配管をそのまま利用できるものでありながら、循環ポンプ内をも良好に洗浄でき、内部にドレンが残留することがないドレン排水システムを提供する。
効果 本発明は、従来の配管をそのまま利用できるものでありながら、循環ポンプ内をも良好に洗浄できるドレン排水システムを提供することが可能となるものである。
技術概要
潜熱回収熱交換器を備えた加熱部において発生したドレンを貯留するドレンタンクと、
浴槽の湯水を、循環ポンプにて加熱部を経由するように循環させて、浴槽の湯水を加熱する循環路と、
給水圧により湯水供給部から湯水を供給して循環ポンプを経由して循環路に湯水を循環させる湯水供給状態と、循環路に湯水を供給しない湯水供給停止状態とに切換え自在な湯水供給切換手段とが設けられ、
制御手段が、循環ポンプを作動させて、循環路を通して浴槽の湯水を加熱部との間で循環させる浴槽循環状態と、
ドレンタンクと循環路とを接続し、循環ポンプを作動させて、ドレンタンクに貯留されたドレンを、循環路を通して循環ポンプを経由してドレン排出箇所に排出するドレン排出状態と、
湯水供給切換手段を湯水供給状態に切換えて、給水圧により湯水供給部から循環路に湯水を供給し、循環ポンプを経由して循環路からドレン排出箇所に供給した湯水を排出する配管洗浄状態とに、システムの作動状態を切換え可能に構成され、
制御手段が、ドレン排出状態でドレン排出処理を実行した後、配管洗浄状態で配管洗浄処理を実行するように構成された潜熱回収式加熱装置のドレン排水システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT