熱媒供給設備及びその運転制御方法

開放特許情報番号
L2017002007
開放特許情報登録日
2017/11/23
最新更新日
2017/11/23

基本情報

出願番号 特願2011-063305
出願日 2011/3/22
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2012-197993
公開日 2012/10/18
登録番号 特許第5628722号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 熱媒供給設備及びその運転制御方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 熱媒供給設備
目的 高温或いは冷温の熱媒を循環させることにより、暖房運転及び冷房運転が可能な熱媒供給設備を提供する。
また、そのような設備において、結露を防ぎ、設備の耐久性の低下を防止する。
効果 熱媒を需要箇所に循環させるための熱媒通流路を活用して、高温或いは冷温の熱媒を循環させることで、暖房運転及び冷房運転が可能な熱媒供給設備を提供することができる。また、冷房運転時には、高温熱媒通流路及び熱媒加熱通流路への循環通流を閉止することで、熱媒加熱通流路への熱媒の流入を防止する。これにより、特に結露が発生しやすい加熱手段における結露を防ぎ、設備の性能の劣化及び耐久性の低下を防止することができる。
技術概要
高温暖房運転が可能な高温暖房端末が設けられた高温熱媒通流路が、熱媒を加熱可能な加熱手段を経由して熱媒を通流させる熱媒加熱通流路における熱媒送出用の出口と熱媒戻し用の入口とに接続された状態で設けられ、
低温暖房運転が可能な低温暖房端末が設けられた低温熱媒通流路が、前記熱媒加熱通流路における前記熱媒戻し用の入口と前記加熱手段との間の流路部分と前記熱媒戻し用の入口とに接続された状態で設けられ、
前記高温暖房端末への熱媒供給を断続又は調整するように前記高温熱媒通流路の開度を調整する高温側熱媒通流調整手段と、前記低温暖房端末への熱媒供給を断続又は調整するように前記低温熱媒通流路の開度を調整する低温側熱媒通流調整手段と、を備えた熱媒供給設備。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT