コージェネレーションシステム

開放特許情報番号
L2017001995
開放特許情報登録日
2017/11/23
最新更新日
2017/11/23

基本情報

出願番号 特願2009-202001
出願日 2009/9/1
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2011-052893
公開日 2011/3/17
登録番号 特許第5406640号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 コージェネレーションシステム
技術分野 機械・加工、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 コージェネレーションシステム
目的 運転判別タイミングから次の運転判別タイミングまでの期間に引き続く期間において、熱電併給装置を運転した場合をも評価することにより、評価値の優れた運転形態を的確に定めることが可能となるコージェネレーションシステムを提供する。
効果 運転判別タイミングから次の運転判別タイミングまでの期間に引き続く期間において、熱電併給装置を運転した場合をも評価することにより、評価値の優れた運転形態を的確に定めることが可能となるコージェネレーションシステムを提供できる。
技術概要
電力と熱とを併せて発生する熱電併給装置と、その熱電併給装置で発生された熱を回収して湯水として貯える貯湯槽と、前記熱電併給装置の運転を制御する運転制御手段とが設けられ、
前記運転制御手段が、
周期的な運転判別タイミングにおいて、その運転判別タイミング以降の判定対象期間における時系列的な予測電力負荷及び時系列的な予測熱負荷、並びに、その運転判別タイミングにおいて前記貯湯槽に貯湯された熱量に基づいて、前記判定対象期間のうちで、前記熱電併給装置を設定出力条件にて運転すると仮定したときの評価値が優れた第1運転時間帯、その第1運転時間帯の評価値としての第1評価値、及び、前記判定対象期間の全てにおいて前記熱電併給装置を停止させる場合の評価値としての第2評価値を求めて、
前記第1評価値が前記第2評価値よりも優れているときには、前記第1運転時間帯において前記熱電併給装置を前記設定出力条件にて運転し、かつ、前記第2評価値が前記第1評価値よりも優れているときには、前記判定対象期間の全てにおいて前記熱電併給装置を停止させるように構成されたコージェネレーションシステム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT