高周波発生装置および高周波発生装置の設計方法

開放特許情報番号
L2017001989
開放特許情報登録日
2017/11/15
最新更新日
2017/11/15

基本情報

出願番号 特願2016-035814
出願日 2016/2/26
出願人 学校法人同志社
公開番号 特開2017-151372
公開日 2017/8/31
発明の名称 高周波発生装置および高周波発生装置の設計方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 高周波発生装置
目的 O/E変換部に入力される光の平均光パワーが制限されているなかで、出力パワーを増加させることが可能な高周波発生装置および高周波発生装置の設計方法を提供する。
効果 O/E変換部に入力される光の平均光パワーが制限されているなかで、出力パワーを増加させることが可能な高周波発生装置および高周波発生装置の設計方法を提供することができる。
技術概要
光パルス出力部2と、光パルス伝搬部3と、O/E変換部4とを備えた高周波発生装置1であって、光パルス伝搬部3は、光パルスに対して群速度分散や光カー効果を利用して光パルスのパルス幅を圧縮させ、かつO/E変換部4における高周波出力パワーを増加させる媒質長を有することを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人同志社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT