ドライバーの触覚改善方法および振動パッド

開放特許情報番号
L2017001986
開放特許情報登録日
2017/11/15
最新更新日
2017/11/15

基本情報

出願番号 特願2016-018747
出願日 2016/2/3
出願人 学校法人同志社
公開番号 特開2017-138764
公開日 2017/8/10
発明の名称 ドライバーの触覚改善方法および振動パッド
技術分野 情報・通信、輸送、機械・加工
機能 材料・素材の製造、機械・部品の製造
適用製品 振動パッド
目的 少ないエネルギーでドライバーの触覚を改善できる方法を提供する。
効果 ドライバーの足裏の触覚の感度を高めることができ、更に、それに必要なエネルギーを最小限に留めることができる。本発明にかかるドライバーの触覚改善方法は、特に、受容器の感度が低下した高齢ドライバーに対して効果を発揮する。
技術概要
ブレーキペダル5の上面に、10Hz〜50Hzの範囲に含まれる単一周波数の振動を発生させる手段(モータ111およびフライホイール112)を備えた振動パッド10を取り付ける。車を減速させる際、振動パッド10を介してペブレーキペダル5を踏むことにより、ドライバーの足裏の触覚の感度が向上する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人同志社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT