有機−無機複合材料及び有機−無機複合成形物並びにこれらの製造方法

開放特許情報番号
L2017001983
開放特許情報登録日
2017/11/15
最新更新日
2017/11/15

基本情報

出願番号 特願2016-012025
出願日 2016/1/26
出願人 学校法人同志社
公開番号 特開2017-131300
公開日 2017/8/3
発明の名称 有機−無機複合材料及び有機−無機複合成形物並びにこれらの製造方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 有機−無機複合材料及び有機−無機複合成形物並びにこれらの製造方法
目的 生体適合性、機械的強度の他、柔軟性にも優れた有機−無機複合材料及び有機−無機複合成形物並びにこれらの製造方法を提供する。
効果 本発明の有機−無機複合材料及び有機−無機複合成形物は、部分リン酸化ポリビニルアルコールなどの部分リン酸化ヒドロキシ基含有高分子と、ヒドロキシアパタイトから得られるので、生体適合性に優れている。
また、本発明の有機−無機複合材料及び有機−無機複合成形物は、機械的強度と柔軟性にも優れている。
本発明の有機−無機複合材料及び有機−無機複合成形物の製造方法によれば、上記のように優れた物性を備える有機−無機複合材料及び有機−無機複合成形物を得ることができる。
技術概要
本発明の有機−無機複合材料は、ヒドロキシ基を有する高分子における当該ヒドロキシ基がリン酸化度1〜20%となる割合で部分的にリン酸化された構造を備える部分リン酸化ヒドロキシ基含有高分子に、ヒドロキシアパタイトが複合化されてなり、本発明の有機−無機複合成形物は、前記有機−無機複合材料からなる。本発明の有機−無機複合材料の製造方法は、前記部分リン酸化ヒドロキシ基含有高分子に、ヒドロキシアパタイトを複合化する。本発明の有機−無機複合成形物の製造方法は、前記部分リン酸化ヒドロキシ基含有高分子に、ヒドロキシアパタイトを複合化した後、温間等方圧プレス成形を行う。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人同志社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT