トレーニングに好適なランニング強度の推定方法、および該方法を利用したランニング支援装置

開放特許情報番号
L2017001982
開放特許情報登録日
2017/11/15
最新更新日
2017/11/15

基本情報

出願番号 特願2016-547403
出願日 2015/9/2
出願人 学校法人同志社
公開番号 WO2016/039241
公開日 2016/3/17
発明の名称 トレーニングに好適なランニング強度の推定方法、およびランニング支援装置
技術分野 生活・文化
機能 機械・部品の製造
適用製品 トレーニングに好適なランニング強度でのランニングを支援するランニング支援装置
目的 採血を行うことなくトレーニングに好適なランニング強度を推定する推定方法、および採血を行うことなくトレーニングに好適なランニング強度でのランニングを支援するランニング支援装置を提供する。
効果 本発明によれば、採血を行うことなくトレーニングに好適なランニング強度を推定可能な推定方法を提供することができる。また、本発明によれば、採血を行うことなくトレーニングに好適なランニング強度でのランニングを支援可能なランニング支援装置を提供することができる。
技術概要
ランニング支援装置は、(1)ランナーの年齢の入力を受け付ける入力部と、(2)ランナーのランニング中の位置を測定する位置測定部と、(3)位置測定部によって測定された位置の変化に基づいてランナーのストライドを求めるストライド算出部と、(4)ランナーのランニング中または直後の心拍数を測定する心拍数測定部と、(5)入力部から入力された年齢と、年齢と最大心拍数との関係を示す関係式と、ストライド算出部によって求められたストライドと、心拍数測定部によって測定された心拍数と、予め定められた割合とを格納した記憶部と、(6)記憶部を参照しながら、ランナーの現在のストライドとランナーが乳酸性作業閾値でランニングを行った場合のストライドであるLTストライドとの一致の程度を求める演算部と、(7)演算部によって求められた一致の程度をランナーに通知する通知部とを備え、演算部は、ランナーがトレーニングとしてのランニングを行っているときに、事前に求めておいた最大ストライドと記憶部に格納された割合との積によりLTストライドを推定し、LTストライドと現在のストライドとをリアルタイムに比較する、ことを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人同志社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT