エンジンオイル状態監視装置

開放特許情報番号
L2017001939
開放特許情報登録日
2017/11/10
最新更新日
2017/11/10

基本情報

出願番号 特願2007-063865
出願日 2007/3/13
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2008-223632
公開日 2008/9/25
登録番号 特許第4825156号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 エンジンオイル状態監視装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 エンジンオイル状態監視装置
目的 簡単な構成により、エンジンオイルの残量や劣化度等のオイル状態を正確に認識することができるオイル状態監視装置を提供する。
効果 暖機運転時におけるオイル温度の上昇速度から、エンジンオイルの残量又はそれに対応するオイル状態を正確に推定することができる。
エンジンオイルの劣化によるエンジンの故障を防止しながら、エンジンオイルの無駄な交換を防止できる。
エンジンオイルのレベルセンサを必要としないというような簡単な構成により、エンジンオイルの残量や劣化度等のオイル状態を正確に認識することができる状態監視装置を実現できる。
技術概要
エンジンのエンジンオイルの状態を監視するエンジンオイル状態監視装置であって、
前記エンジンオイルの温度であるオイル温度を計測するオイル温度計測手段と、
前記エンジンの暖機運転時における前記オイル温度計測手段の計測結果に基づいて前記オイル温度の上昇速度を導出するオイル温度上昇速度導出手段と、
前記オイル温度上昇速度導出手段で導出した前記オイル温度の上昇速度から、前記エンジンオイルの残量に対応するオイル状態を推定するオイル状態推定手段とを備えたエンジンオイル状態監視装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT