温水暖房システム

開放特許情報番号
L2017001913
開放特許情報登録日
2017/11/10
最新更新日
2017/11/10

基本情報

出願番号 特願2004-078011
出願日 2004/3/18
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2005-265282
公開日 2005/9/29
登録番号 特許第4236043号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 温水暖房システム
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 温水暖房システム
目的 制御系の構成を簡単にすることができ、またその運転操作も簡単にすることができる温水暖房システムを提供する。
効果 熱交換器において、一次側温水循環流路を流れる温水と二次側温水循環流路を流れる温水との間で熱交換が行われ、熱源機からの熱が一次側温水循環流路を流れる温水及び二次側温水循環流路を流れる温水を通して放熱機器に伝達され、この放熱機器から放熱され、効率よく室内空間などを暖房することができる。この暖房運転時には、運転操作手段を運転操作すればよく、簡単な操作でもって暖房運転することができる。また、運転操作手段は一つでよく、このことに関連して制御系に関連する構成を簡単にすることができる。
技術概要
温水を生成するための熱源機を含む一次側温水循環手段と、温水の熱を放熱するための放熱機器を含む二次側温水循環手段と、前記一次側温水循環手段を流れる温水と前記二次側温水循環流路を流れる温水との間で熱交換を行うための熱交換器と、前記一次側温水循環手段を運転するための運転操作手段と、を具備し、
前記一次側温水循環流路には、更に、温水の温度を検知するための温度検知手段と、温水の流れを検知するための流量検知手段とが配設されており、
前記運転操作手段を運転操作すると、前記運転操作手段からの運転信号に基づいて前記一次側温水循環手段が作動するとともに、前記温度検知手段からの検知温度に基づいて前記二次側温水循環手段が作動し、前記運転操作手段を運転停止操作すると、前記運転操作手段からの運転停止信号に基づいて前記一次側温水循環手段が作動停止するとともに、前記流量検知手段からの検知流量に基づいて前記二次側温水循環手段が作動停止することを特徴とする温水暖房システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT