コージェネレーション装置

開放特許情報番号
L2017001909
開放特許情報登録日
2017/11/10
最新更新日
2017/11/10

基本情報

出願番号 特願2004-079916
出願日 2004/3/19
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2005-264850
公開日 2005/9/29
登録番号 特許第4371868号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 コージェネレーション装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 コージェネレーション装置のエネルギ効率の向上が可能な運転制御技術
目的 運転領域の全域で高効率運転が可能なコージェネレーション装置を提供する。
効果 エネルギ消費量削減効果、CO↓2排出量削減効果、または、エネルギコスト削減効果を指標として、コージェネレーション装置の運転制御を行うことができ、全ての運転領域において、エネルギ消費量削減、CO↓2排出量削減、または、エネルギコスト削減を図ることができる。
技術概要
外部から供給される燃料を使用して回転エネルギを発生するエンジンと、前記エンジンの回転エネルギから第1の交流電力を発生する発電機と、前記第1の交流電力を所定の電圧と周波数の第2の交流電力に変換するインバータと、前記エンジンの排出する排熱を回収する排熱回収装置とを備えてなるコージェネレーション装置であって、
前記インバータから外部に出力される出力電力が予め設定された第1閾値電力以上の場合は、前記エンジンの回転数を前記出力電力に応じて制御する第1制御モードで制御を行い、前記出力電力が前記第1閾値電力未満の場合は、前記エンジンの回転数を一定値に固定し、前記インバータの出力を可変にして制御する第2制御モードで制御を行う運転制御装置を備え、
前記出力電力が前記第1閾値電力未満では、同じ電力負荷と熱負荷に対して商用電源と補助熱源を用いた場合と比較したコージェネレーション装置の所定の目的に対する性能を表す目的関数が、前記エンジンの回転数を仮に前記出力電力に応じて可変に制御した場合と比較して増大することを特徴とするコージェネレーション装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT