家庭用エネルギ需要推定システム

開放特許情報番号
L2017001904
開放特許情報登録日
2017/11/10
最新更新日
2017/11/10

基本情報

出願番号 特願2003-353474
出願日 2003/10/14
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2005-122255
公開日 2005/5/12
登録番号 特許第4213013号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 家庭用エネルギ需要推定システム
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 家庭用エネルギ需要推定システム
目的 推定に要するデータ入力を簡素化でき、且つ、推定結果の信憑性の高い家庭用エネルギ需要推定システムを提供する。
効果 一般的な家庭における典型的な1日のエネルギ需要曲線の有するピーク需要とボトム需要について、各ピーク需要及びボトム需要を推定するための所定の入力データを入力するだけで、エネルギ使用量推定手段が各ピーク需要及びボトム需要を推定し、使用量パターン推定手段がその間の時間帯の時間帯別エネルギ使用量を補間するので、1日のエネルギ使用量の変動パターンを推定できる。更に、推定した各ピーク需要及びボトム需要を修正することで、過去の実績値と齟齬のない信憑性の高い1日のエネルギ使用量を簡単に推定することができる。
技術概要
1日を分割してなる複数の時間帯の内、家庭内の1日の生活パターンに基づいて定まるエネルギ使用量の多い複数の第1特徴時間帯とエネルギ使用量の少ない複数の第2特徴時間帯における各エネルギ使用量を、任意の1日につき所定の入力データに基づき推定するエネルギ使用量推定手段と、前記エネルギ使用量推定手段が推定した複数の時間帯別エネルギ使用量に基づいて前記任意の1日の全ての時間帯におけるエネルギ使用量の変動パターンを推定する使用量パターン推定手段と、1年を分割してなる複数の期間の内の前記任意の1日が属する特定期間のエネルギ累積使用量を、前記使用量パターン推定手段が推定した前記変動パターンに基づいて算出する期間使用量算出手段と、前記特定期間のエネルギ累積使用量の過去の実績値と前記期間使用量算出手段が算出したエネルギ累積使用量とを比較してその誤差を表示するエネルギ累積使用量比較手段と、を備えてなり、前記エネルギ使用量推定手段は、推定した前記時間帯別エネルギ使用量を、前記第1特徴時間帯と前記第2特徴時間帯を指定して修正可能に、且つ、修正された前記時間帯別エネルギ使用量が前記使用量パターン推定手段に再出力可能に構成されている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT