天井据え付け型浴室暖房乾燥機の温水配管の接続部の構造

開放特許情報番号
L2017001901
開放特許情報登録日
2017/11/10
最新更新日
2017/11/10

基本情報

出願番号 特願2003-051641
出願日 2003/2/27
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2004-257712
公開日 2004/9/16
登録番号 特許第3965125号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 天井据え付け型浴室暖房乾燥機の温水配管の接続部の構造
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 天井据え付け型浴室暖房乾燥機の温水配管を接続する部分の構造
目的 温水接続口が往き用か戻り用かを手の感触で正確に判別でき、往き用温水配管と戻り用温水配管とを間違いなく接続できる天井据え付け型浴室暖房乾燥機の温水配管の接続部の構造を提供する。
効果 往き用温水接続口と戻り用温水接続口とを識別するために感触で判別できるマークを往き用温水接続口の近傍と戻り用温水接続口の近傍の少なくとも一方に設けたので、点検口から天井裏に身を乗り出した状態で往き用温水接続口や戻り用温水接続口が目視できなくとも指でマークを触ることで往き用か戻り用かを判別でき、往き用温水配管と戻り用温水配管を区別して正確に接続できる。
技術概要
浴室の天井面上の天井裏に浴室暖房乾燥機を配置して取り付け、前記浴室暖房乾燥機内の熱交換器と連通する往き用温水接続口と戻り用温水接続口とを前記浴室暖房乾燥機の外面に突設し、前記往き用温水接続口及び戻り用温水接続口に往き用温水配管及び戻り用温水配管を接続する操作を前記天井面の点検口から行えるようにした天井据え付け型浴室暖房乾燥機の温水配管の接続部の構造において、前記往き用温水接続口と戻り用温水接続口とを識別するために感触で判別できるマークを往き用温水接続口の近傍と戻り用温水接続口の近傍の少なくとも一方に設けたことを特徴とする天井据え付け型浴室暖房乾燥機の温水配管の接続部の構造。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT