ファンコンベクタ

開放特許情報番号
L2017001895
開放特許情報登録日
2017/11/10
最新更新日
2017/11/10

基本情報

出願番号 特願2007-313224
出願日 2007/12/4
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2009-138959
公開日 2009/6/25
登録番号 特許第5060929号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 ファンコンベクタ
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 ファンコンベクタ
目的 除湿を効率良く安定して行うことができるファンコンベクタを提供すること。
効果 コンベクタ本体の空気通路を流れる空気中の水分を除去するための除湿手段を備えているので、ファンコンベクタに除湿機能を付与し、空気中に含まれる水分を除去することができる。室内を暖房することができる。除湿ロータの除湿剤の再生が行われる。
技術概要
吸入口及び吹出口を有するコンベクタ本体と、前記コンベクタ本体内に設けられ、前記吸入口を通して吸入された空気を前記吹出口に導くための空気通路と、前記空気通路に設けられた熱交換器と、前記熱交換器に温熱媒体を供給するための熱源機と、前記吸入口を通して空気を吸入するためのファン手段と、前記空気通路を流れる空気中の水分を除去するための除湿手段と、を備えており、前記吸入口には、第1の位置と第2の位置との間を移動自在に開閉部材が設けられ、前記第1の位置に位置するときには、前記開閉部材は前記吸入口の第1部分を開放し、前記第2の位置に位置するときには、前記開閉部材は前記吸入口の第2部分を開放し、暖房運転時には、前記開閉部材が前記第1の位置に位置するとともに、前記熱源機及び前記ファン手段が作動され、更に前記ファン手段によって前記吸入口の前記第2部分から吸入された空気は、前記熱交換器を通ることなく前記空気流路に流れ、前記吸湿域にて前記除湿ロータにより水分が吸湿されることを特徴とするファンコンベクタ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT