コージェネレーションシステム

開放特許情報番号
L2017001891
開放特許情報登録日
2017/11/10
最新更新日
2017/11/10

基本情報

出願番号 特願2006-080102
出願日 2006/3/23
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2007-259580
公開日 2007/10/4
登録番号 特許第4535392号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 コージェネレーションシステム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 コージェネレーションシステム
目的 熱電併給装置の稼働発電待機時における待機電力を低減することができるコージェネレーションシステムを提供する。
効果 熱電併給装置の稼働発電待機時におけるコージェネレーションシステムの待機電力を低減させることができ、コージェネレーションシステム全体の稼働効率を高めることが可能となる。
商用電源への逆潮流の発生などを高精度で検知することができ、コージェネレーションシステムの信頼性を高めることが可能となる。
技術概要
電力及び熱を発生する熱電併給装置と、商用電源からの電力を電力負荷に供給するための電力供給ラインと、前記熱電併給装置からの発電電力を前記電力供給ラインに系統連系するためのインバータと、を備え、前記インバータ及び前記商用電源からの電力が前記電力供給ラインを介して前記電力負荷に供給されるコージェネレーションシステムであって、
前記電力供給ラインにおける電力を高精度で計測するための第1電力計測手段と、前記電力供給ラインにおける電力を低精度で計測するための第2電力計測手段と、を更に具備しており、
前記熱電併給装置の稼働発電待機時には、前記第2電力計測手段が作動する一方、前記第1電力計測手段が作動停止し、前記第2電力計測手段が前記電力供給ラインにおける電力を低精度で計測し、また前記熱電併給装置の稼働発電時には、前記第1電力計測手段が作動する一方、前記第2電力計測手段が作動停止し、前記第1電力計測手段が前記電力供給ラインにおける電力を高精度で計測することを特徴とするコージェネレーションシステム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT