エンジン

開放特許情報番号
L2017001877
開放特許情報登録日
2017/11/10
最新更新日
2017/11/10

基本情報

出願番号 特願2005-081069
出願日 2005/3/22
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2006-266088
公開日 2006/10/5
登録番号 特許第4338660号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 エンジン
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 エンジン
目的 EGRを実施するエンジンにおいて、簡単な構成で、燃焼室において排ガスを成層化又は均質化することができ、更に、運転状態に合わせて適宜燃焼室において排ガスを成層化又は均質化することにより、燃焼室における燃焼状態を安定したものに維持したまま、充分な量の排ガスを還流させてNOxの生成を確実に抑制することができるエンジンを提供する。
効果 混合気の燃焼による温度上昇を高濃度の排ガスEにより十分に抑制して、NOxの生成を抑制することができ、一方、点火領域以外の領域においては、混合気の燃焼を排ガスEにより阻害されることを抑制して安定した燃焼状態を実現することができる。
一部の混合気に混合される排ガスEが過剰に薄くなることを防止して、NOxの排出を抑制しながら、一部の混合気に混合される排ガスEが過剰に濃くなることを防止して、CO及びTHCの排出を抑制することができる。
技術概要
上部に点火プラグを有する燃焼室と、前記燃焼室に吸気される新気が流通する吸気路と、前記燃焼室から排出された排ガスが流通する排気路と、前記排気路から分岐し前記吸気路の排ガス供給部に接続されるEGR路とを備え、前記排気路から前記EGR路に流入した排ガスが前記排ガス供給部から前記吸気路に流入するエンジンであって、
前記吸気路において前記排ガス供給部から前記燃焼室の入口までの容積を排ガス混合経路容積、前記燃焼室における1サイクルあたりの吸気容積を1サイクル吸気容積、前記排ガス混合経路容積の前記1サイクル吸気容積に対する割合を排ガス混合経路割合とし、
前記排ガス供給部として、前記排ガス混合経路割合が0.5以上且つ1.0未満の範囲内又は1.5以上2.0未満の範囲内となる成層化用排ガス供給部を備え、前記成層化用排ガス供給部から前記吸気路に排ガスを流入させて前記燃焼室の上部に排ガスを成層化するように構成されたエンジン。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT