コージェネレーションシステム

開放特許情報番号
L2017001875
開放特許情報登録日
2017/11/10
最新更新日
2017/11/10

基本情報

出願番号 特願2007-071325
出願日 2003/2/28
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2007-232362
公開日 2007/9/13
登録番号 特許第4290206号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 コージェネレーションシステム
技術分野 機械・加工、電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 コージェネレーションシステム
目的 省エネルギー化を実現することができるコージェネレーションシステムを提供する。
効果 人為操作を極力尊重しながら、誤操作による運転開始の指令によって、誤って熱電併給装置を運転させてしまうことを阻止することができることとなって、使用者の意図に極力沿いながら、省エネルギー化を実現することができるコージェネレーションシステムを提供できる。
技術概要
熱と電力を発生する熱電併給装置と、前記熱電併給装置にて発生する熱にて貯湯タンク内の湯水を加熱する排熱式加熱手段と、前記貯湯タンク内に湯水が貯湯されていないときに湯水を加熱する補助加熱手段と、運転を制御する運転制御手段とが設けられているコージェネレーションシステムであって、
前記熱電併給装置の運転の開始及び停止を指令する手動操作式の運転開始指令手段にて前記熱電併給装置の運転開始が指令されると、前記熱電併給装置の運転を開始することを文字にて表示又は音声にて問い合わせて、その運転開始の指令が正しいことを確認する確認動作を行う確認手段が設けられ、
前記運転制御手段は、前記手動操作式の運転開始指令手段にて前記熱電併給装置の運転開始が指令されると、前記確認手段にて前記確認動作が行われたのち、その運転開始の指令から発電用遅延時間が経過すると、前記熱電併給装置を運転し、かつ、前記発電用遅延時間が経過するまでに前記手動操作式の運転開始指令手段にて前記熱電併給装置の運転停止が指令されると、前記熱電併給装置を運転しないように構成されている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT