熱利用装置の制御方法

開放特許情報番号
L2017001874
開放特許情報登録日
2017/11/10
最新更新日
2017/11/10

基本情報

出願番号 特願2007-085144
出願日 2007/3/28
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2007-292446
公開日 2007/11/8
登録番号 特許第5122850号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 熱利用装置の制御方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 熱利用装置の制御方法
目的 貯湯の有効利用と補助熱源の不要な燃焼の抑制で、省エネルギー性が実現しつつ、最適な湯温の出湯を得ることができる制御方法を提供すること。
効果 省エネルギー性と使い勝手を損なうことなく、既設の給湯装置を補助熱源として利用することができて、設備の有効利用を図ることができると共に設備費を低減させることができる。
技術概要
熱源と、熱源で発生した熱を温水として貯える貯湯槽と熱利用装置全体の制御部となる貯湯槽制御部とを備えた貯湯槽ユニットと、前記貯湯槽ユニットとは別の補助熱源としての給湯装置とを組み合わせて熱利用装置を構成し、該貯湯槽制御部が貯湯槽より出湯される湯温の調節と補助熱源による加熱・加熱禁止の制御を行って使用者に供給する湯温を制御する熱利用装置における制御方法であって、風呂湯張り運転または足し湯運転がONの状態で貯湯槽の湯を出湯する場合、貯湯槽制御部が補助熱源による加熱の禁止を給湯装置に指示すると共に使用者に供給する湯温を風呂利用時の設定温度となるように制御することを特徴とする熱利用装置の制御方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT