音響装置

開放特許情報番号
L2017001845
開放特許情報登録日
2017/11/9
最新更新日
2017/11/9

基本情報

出願番号 特願2012-524546
出願日 2011/7/11
出願人 株式会社発明屋
公開番号 WO2012/008419
公開日 2012/1/19
登録番号 特許第5970632号
特許権者 株式会社発明屋
発明の名称 音響装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 音響装置
目的 遮音性の耳栓を外耳道に装着した状態で常に良好な聴取性能を発揮し得る音響装置、当該音響装置に好適な接触構造、耳栓及び音響振動発生装置を提供すること。
効果 本発明の音響装置は、遮音性の耳栓を外耳道に装着した状態で常に良好な聴取性能を発揮する。
本発明の接触構造によれば、本発明の音響装置を実現できる。
本発明の耳栓は、本発明の音響装置の耳栓に好適である。本発明の耳栓は、耳栓体の反挿入側端部にキャップ体を被せて設けることにより容易に製造できる。耳栓体として、遮音性の高い市販の耳栓を使用することにより、当該耳栓の持つ高い遮音性・安全性をそのまま生かしつつ、本発明の耳栓を実現できる。
本発明の音響振動発生装置は、本発明の音響装置の音響振動発生装置に好適である。
技術概要
耳栓と当該耳栓に音響振動を与える音響振動発生装置とを有する音響装置であって、
前記耳栓は、外耳道に挿入される遮音性の柔軟な耳栓体と当該耳栓体の反挿入側端部に被せて設けられた定形のキャップ体とを有し、
前記キャップ体は、前記音響振動発生装置の振動出力面と接触して振動を受ける受振面をその先端部に有し、
前記振動出力面は凹曲面であり、
前記受振面は凸曲面であり、
前記凸曲面の曲率半径は、2mm以上10mm以下であり、
前記振動出力面の曲率半径は前記受振面の先端部の曲率半径と等しいかそれよりも大であり、
前記受振面は、その先端部よりもその周囲の曲率が大きくなっていることを特徴とする、音響装置。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社発明屋

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT