バイオセンサ選別方法及びバイオセンサ選別装置

開放特許情報番号
L2017001835
開放特許情報登録日
2017/11/1
最新更新日
2017/11/1

基本情報

出願番号 特願2016-007011
出願日 2016/1/18
出願人 国立研究開発法人情報通信研究機構
公開番号 特開2017-127203
公開日 2017/7/27
発明の名称 バイオセンサ選別方法及びバイオセンサ選別装置
技術分野 食品・バイオ
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 バイオセンサを選別する方法及び装置
目的 混合物中に存在する標的物質を特定しないまま、標的物質に特異的に反応するバイオセンサを選別する方法を提供する。
効果 このようなバイオセンサ選別方法によれば、標的物質に反応するバイオセンサとリファレンスに含まれる成分に反応するバイオセンサとを異なった方向に遊走させることができるので、サンプルを混合物のまま使用して標的物質に特異的に反応するバイオセンサを選別することができる。
また、サンプルとリファレンスとの差分成分を標的物質として、この標的物質に特異的に反応するバイオセンサを選別することができるので、バイオセンサを選別する際にサンプルに含まれている標的物質が何であるのかを特定しなくても良い。
技術概要
1又は複数の成分からなるリファレンスと、前記リファレンスとの差分成分中に標的物質が含まれるサンプルとを、それらの濃度勾配方向が互いに異なるように拡散させた媒質を用意し、
前記媒質において、前記リファレンス濃度の方がサンプル濃度よりも高い箇所に化学走性を有するバイオセンサを配置することを特徴とする標的物質に反応するバイオセンサ選別方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT