ステレオマッチングの処理方法、処理プログラムおよび処理装置

開放特許情報番号
L2017001822
開放特許情報登録日
2017/10/27
最新更新日
2017/10/27

基本情報

出願番号 特願2016-043866
出願日 2016/3/7
出願人 学校法人早稲田大学
公開番号 特開2017-162024
公開日 2017/9/14
発明の名称 ステレオマッチングの処理方法、処理プログラムおよび処理装置
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 処理装置
目的 高速処理が可能であり、低遅延のリアルタイム処理を実現できる、線分情報を用いたステレオマッチング処理方法、処理プログラム2および処理装置1を提供する。
効果 探索画像上の第二の線分の端点を求めるために、第一の線分上の画素に対応する対応点を探索画像から求めることで、高速探索処理が可能であり、高解像度映像の距離計測のためのリアルタイム処理を低遅延で実現することができる。
技術概要
ステレオマッチング処理方法として、基準画像3から第一の線分5を抽出するステップと、前記第一の線分5上の画素に対応する対応点を前記基準画像3とは別の探索画像4から求めるステップと、求めた前記対応点を基に前記探索画像4の第二の線分6の第二の始点10および第二の終点11を求めるステップと、前記第一の線分5の第一の始点8および第一の終点9と、求めた前記第二の始点10および前記第二の終点11とを基に、3次元線分Lを求めるステップとを含む構成とした。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 本件は、『早稲田大学技術シーズ集(問合NO.1795)』に掲載されている案件です。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT