流動床式焼却炉のガスノズル

開放特許情報番号
L2017001748
開放特許情報登録日
2017/10/20
最新更新日
2017/10/20

基本情報

出願番号 特願2009-248874
出願日 2009/10/29
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2011-094868
公開日 2011/5/12
登録番号 特許第5628511号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 流動床式焼却炉のガスノズル
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 流動床式焼却炉のガスノズル
目的 流動床での燃料ガスの滞留時間が長くなって流動床で燃焼する燃料ガスの量が多くなり、流動床内での燃料ガスの燃焼効率を向上させることができ、更に、燃焼効率の向上を、燃料ガス管の炉内への突出方向を略水平方向から変更せずに達成することができる流動床式焼却炉のガスノズルを提供する。
効果 単に側方に燃料ガスを噴出する従来例のように流動攪拌される流動床からすぐに上方に燃料ガスが抜けてしまうことがなく、燃料ガスは流動床内に前記従来例よりも長く留まって流動床内で燃料ガスがよく燃焼して燃焼効率が高まるものである。更に、燃料ガス管の炉内への突出方向を略水平方向としたまま、燃料ガスの噴出方向を斜め下方とすることができるため、燃料ガス管の炉内への突出方向が略水平方向である既存の焼却炉本体においても、燃料ガス管を交換するだけで燃料ガスの噴出方向を斜め下方とすることが可能となる。
技術概要
焼却炉本体内の下部に流動床が形成され、流動床内の下部に該流動床及び流動床内に混入された被焼却物を流動攪拌させる流動エアーを散気する散気手段が設けられ、流動床内に燃料ガスを噴出して流動床内で燃焼させる燃料ガス管がその炉内への突出方向が略水平方向となるように設けられる流動床式焼却炉の燃料ガス管に設けられるガスノズルであって、燃料ガスの噴出方向が斜め下方となるノズル孔を複数有する列が周方向に複数列設けられることを特徴とする流動床式焼却炉のガスノズル。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT