配管の漏水検査方法並びに給湯システム

開放特許情報番号
L2017001740
開放特許情報登録日
2017/10/20
最新更新日
2017/10/20

基本情報

出願番号 特願平10-150307
出願日 1998/5/29
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開平11-344412
公開日 1999/12/14
登録番号 特許第3725693号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 配管の漏水検査方法並びに給湯システム
技術分野 情報・通信、機械・加工
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 給湯システム
目的 配管の材質にかかわらずに正確に漏水発生の有無を検査することができる配管の漏水検査方法並びに給湯システムを提供すること。
効果 配管の材質にかかわらずに正確に漏水発生の有無を検査することができる。
検査時間を短縮することができる。
技術概要
少なくとも水又は温水の循環経路を形成する配管の漏水を検査する漏水検査方法であって、前記配管内の圧力を所定値まで上昇させるとともに配管内の循環を停止させた状態で配管内の圧力を検出し、検出した圧力の経時的変化に基づいて漏水の有無を検査する配管の漏水検査方法において、前記配管内の圧力を所定値まで上昇させた後に該配管内の圧力検出値が曲線的に降下する初期段階での圧力検出値の降下量が第1の閾値よりも大きい場合に漏水有りと判定し、前記初期段階に続いて圧力検出値が略直線的に降下している段階で圧力検出値の単位時間当たりの降下量が第2の閾値よりも大きい場合に漏水有りと判定することを特徴とする配管の漏水検査方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT